道具のラビリンス 第11回 火をつくるデザイン 火打石

時代や地域によって異なる(時に交わる)、素材や装飾などのディテールを眺めるだけでも、贅沢です。
「失われ行く道具の失われた物語を探る旅」。道具の迷宮11camel掲載

文中にある、「1962年、療養中だった古今亭志ん生が寄席に復帰する日、玄関で奥さんが火打石をカチカチと打つ厄除けの「切り火」で送り出したニュース映画」。これまた、粋ですよ。

※道具のラビリンス(迷宮)は、2014年~15年にかけて、和光大学の学生によって、ほぼ週刊で刊行されていた zine(個人発行の小雑誌) Camel magazine に連載されたものです。

紹介済みの回は、こちら↓
道具のラビリンス(迷宮)書庫

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中