作成者別アーカイブ: darumadou78

関根秀樹の≪縄文流 アート&ブッシュクラフトワークショップ≫ 11/6(日)によせて

講師の関根秀樹先生から、11/6(日)のワークショップについてメッセージを頂きました。とても読みごたえがあり、今からもう面白いので、皆さま是非お読みください。

ぼくは小学生の時、怪獣以外は何も描かなかったので、図工の成績は2で、
図工と音楽は一番苦手できらいな科目でした。
高校の選択科目では、死んでも美術はやりたくないからしかたなく音楽を選びましたが、
楽器は何も弾けず楽譜は読めずで、成績は10段階評価の1!
それがなぜか今、大学で民族楽器の授業をし、多摩美術大学では日本画と油画の専門科目「絵の具実習」を担当しています。

油絵が生まれたのは15世紀のフランドル地方(ベルギー、オランダ)というのが定説ですが、
本当は6~7世紀のアフガニスタンやウズベキスタン~中国の仏教絵画が起源。
法隆寺や正倉院にも世界最古の油絵の一部が残っています。
ヨーロッパで板絵から亜麻のキャンバスに描くようになったのも、麻布に描いた唐や絹布に描いた宋、元、明などの影響。
フランドル地方は良質の亜麻の大産地だったので、繊維や布だけでなく、クルミ油の代わりに亜麻仁油が使われました。

絵の具とは、ごく簡単に言えば、色の粉(顔料)を接着剤で練ったもの。
水溶性のアラビアゴム(アカシアの仲間の樹液)で練れば水彩絵の具。
ロウ(と油)で練り固めればレオナルド・ダ・ヴィンチも作ったクレヨン。動物の皮や骨を煮詰めたニカワで練ったのが日本画。
油で練れば油絵。合成樹脂のアクリルならアクリル絵の具。卵で練った卵テンペラもあります。

日本画や文化財修復の世界では、「ニカワは60℃以下で湯煎しないと接着力がなくなる」と教えていますが、
これは昭和30年代に東京藝大の教授が言い始めた何の根拠もないデタラメ。
ニカワは90℃以上で煮て溶かさないとすぐに腐り、黒カビが生えます。
こうした美術の世界にはびこる常識という名のウソについてもお話ししましょう。
特殊な薬品を使った未来の絵の具の実験もします。

関根秀樹の≪縄文流 アート&ブッシュクラフトワークショップ≫ 11/5(土)によせて

講師の関根秀樹先生から、11/5(土)のワークショップについてメッセージを頂きました。とても読みごたえがあり、今からもう面白いので、皆さま是非お読みください。

ここ数年、サバイバルやキャンプ、北欧発のブッシュクラフト(先住民の暮らしに学ぶ野外生活術)や焚き火が人気です。
喫茶店のマッチなどほとんど見なくなった一方で、
発火合金(ミッシュメタル、フェロセリウム)を使ったメタルマッチ(ファイヤースターターという言い方も)が100円ショップでも買える時代。
半世紀前の中学2年ごろ(1974年)、少年マガジン巻末の通販で買ったアメリカ陸軍特殊部隊御用達のマグネシウム付きメタルマッチは
1ドル300円の時代で2700円くらいしたはず。

火起こしの道具と言えば、小学5年の春、科学クラブで初めて教わったのは
塩素酸カリに黒砂糖を混ぜ、濃硫酸を1滴たらすと火柱が上がる実験。
学研の「5年の科学」という雑誌のふろくには太陽熱を集める凹面鏡の実験セットもあり、
氷でレンズを作って火を起こす実験もしました。古代中国でも道教の道士がやった方法です。

和光大学に入学したら、となりの学科に古代発火技術や原始技術史の岩城正夫先生がいて、
研究室には父の本棚で読んでいた板倉聖宣著『仮説実験授業』がありました。
非常勤講師で来た板倉先生からは、「仮説実験授業は、小学校からの親友の岩城君が学生時代に基本的な構想を作り、
ぼくが完成したんだよ」と聞かされました。

岩城先生の元で古代の火起こしを学び始めたのは1981年。工業デザイナー秋岡芳夫先生の書斎でブッシュクラフトや
グリーンウッドワーク(先住民や山村に伝わる生木木工)の洋書に出会ったのも同じ時期でした。
そして、学研の「科学」のふろくをデザインしたのが秋岡先生だったと知ったのも。

そして今、和光大学では「火と人間の文化史 縄文流ブッシュクラフト入門」で火起こしや古代技術、民族技術を伝え、
「音と楽器のミンゾク学」では古代楽器や民族楽器、現代美術のサウンドオブジェなどについて講義や実習をしています。
桑沢デザイン研究所では秋岡先生が担当していた「生活デザイン学」の後継として
「プロダクトデザイン論 手で考える道具と技術」で、木を削ってスプーンや楽器を作り、ナイフの研ぎ方も教えています。
自分のナイフを持ったことがなく、スギと松の区別もつかず、木を削った経験もほとんどない人たちを相手に。

学生時代から40年、「火起こし世界チャンピオン」として、多くの雑誌や本やテレビで、
あるいは全国各地でのワークショップで、古代の火起こしや焚き火の技術・文化を紹介してきました。
「アイアム冒険少年」という番組でも火起こしを指導し、道具を供給しています。

しかし、残念なことに、近年流行りのブッシュクラフトは日本の農山村やアイヌ民族などにもともとあった文化を反映せず、
焚き火の組み方もリーンツーファイヤだのハンターズファイヤ、トラッパーズファイヤだの英語そのまま。
火口(ほくち)や焚き付けはティンダーだのキンドリングだのと呼ばれ、
削りかけ、削り花はフェザースティック。肥松や松ぶしをファットウッド。消し炭をチャークロスなどと呼ぶ始末。
足元の自分たちの文化の源泉もろくに知らずに輸入物、翻訳物だけをありがたがるブッシュクラフトなんて、
本来のブッシュクラフトの意味を理解していないとしか思えません。

刃物を使いこなすことと、火を起こし、火を焚くことは、人間の生活技術や文化の基本。
それに、そこから無限に広がるさまざまな楽しみの出発点です。
このワークショップでは、ナイフで木を削り、ものを作る楽しさや、
木と木をこすり合わせて自分の手で火を起こす楽しさを、初歩の初歩から体験します。
ただノウハウを学ぶ講座ではありません。五感を研ぎ澄ませて、手元や動き、姿勢をよく見て、感じてください。

≪関根秀樹の 縄文流アート&ブッシュクラフト ワークショップ≫ 11/6(日) 屋内で絵の具作り ご案内

生きること、学ぶこと、そして遊ぶことの達人、関根秀樹先生(和光大学、多摩美術大学講師)
この秋も神戸にお招きします!

11/5(土)は、野外で。
火起こしと焚き火、ちょこっと絵の具作りも。

11/6(日)は、屋内で。
土や草花で絵の具を作ります。なんと、未来の絵の具体験も!?

どちらか1日だけでも楽しんで頂ける内容です。

それでは、11/6(日)「土や草花で絵の具を作る」について。

◆内容
・土や草花での絵の具作り。
・美術の世界にはびこる「常識」という名のウソについて、こっそりご紹介。
・特殊な薬品を使った、未来の絵の具の実験も。

◆日時
11/6(日) 10:30~15:30(途中休憩あり)

◆会場
神戸市立東灘区文化センター 9階 陶工芸室
(〒658-0052 神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16)※交通アクセス

◆参加費(1日あたり 道具レンタル・材料費込み)
18歳~ :8,000円
中高生 :4,000円
小学生 :2,000円
未就学児:無料

◆定員
15名

◆お申込み
10月初旬から申込開始の予定。
追ってご案内しますので、日を空けてお楽しみに!

◆必読!関根先生から、絵の具作りワークショップへのメッセージ

◆関根秀樹先生って、どんな人?(ほんとは、会ってみなくちゃ分かりません)
福島県生まれ。文系・理系・芸術系・身体系の多分野を気ままに往還するフリーの研究者&ライター。非常勤講師として和光大学では「火の人間史」と「音響人類学」、桑沢デザイン研究所では「手で考える道具と技術」、多摩美術大学では「絵具実習」を担当し、各地で多彩なワークショップを展開。『焚き火大全』『新版 民族楽器をつくる』『縄文人になる!』『刃物大全』『宮沢賢治キーワード図鑑』ほか数十冊の著書がある。「火起こし世界チャンピオン」「ぴよぴよヌンチャク奏者」などユニークな特技でも知られ、「タモリ倶楽部」や「スコラ坂本龍一音楽の学校」などにも出演している。

【過去のワークショップの様子】
2021年秋 神戸 「火起こしと焚き火、世界で一つだけのスプーン作り」
2020年秋 神戸 「古代の火を灯し、音を奏でる」
2020年春 神戸 「火と音をつくる」

【紹介記事】
古代から未来へ。原始の火がつなぐもの。
縄文生活を再現する

≪関根秀樹の 縄文流アート&ブッシュクラフト ワークショップ≫ 11/5(土) 野外で火起こし ご案内

生きること、学ぶこと、そして遊ぶことの達人、関根秀樹先生(和光大学、多摩美術大学講師)
この秋も神戸にお招きします!

11/5(土)は、野外で。
火起こしと焚き火、ちょこっと絵の具作りも。

11/6(日)は、屋内で。
土や草花で絵の具を作ります。なんと、未来の絵の具体験も!?

どちらか1日だけでも楽しんで頂ける内容です。

それでは、11/5(土)「火起こしと焚き火、ちょこっと絵の具作りも」について。

◆内容
・古代の火起こしの道具の仕組みと実際のコツ。
・火口(ほくち)と焚き付け、削り花(フェザースティック)作り。
・気候や植生など、地域の特色をふまえたブッシュクラフト。

◆日時
10/30(土) 10:30~15:30

◆会場
神戸市立自然の家
(神戸市灘区六甲山町中一里山1-1)※交通アクセス

◆参加費(1日あたり 道具レンタル・材料費込み)
18歳~ :8,000円
中高生 :4,000円
小学生 :2,000円
未就学児:無料

◆定員
15名

◆お申込み
10月初旬から申込開始の予定。
追ってご案内しますので、日を空けてお楽しみに!

◆必読!関根先生から、火起こしワークショップへのメッセージ

◆関根秀樹先生って、どんな人?(ほんとは、会ってみなくちゃ分かりません)
福島県生まれ。文系・理系・芸術系・身体系の多分野を気ままに往還するフリーの研究者&ライター。非常勤講師として和光大学では「火の人間史」と「音響人類学」、桑沢デザイン研究所では「手で考える道具と技術」、多摩美術大学では「絵具実習」を担当し、各地で多彩なワークショップを展開。『焚き火大全』『新版 民族楽器をつくる』『縄文人になる!』『刃物大全』『宮沢賢治キーワード図鑑』ほか数十冊の著書がある。「火起こし世界チャンピオン」「ぴよぴよヌンチャク奏者」などユニークな特技でも知られ、「タモリ倶楽部」や「スコラ坂本龍一音楽の学校」などにも出演している。

【過去のワークショップの様子】
2021年秋 神戸 「火起こしと焚き火、世界で一つだけのスプーン作り」
2020年秋 神戸 「古代の火を灯し、音を奏でる」
2020年春 神戸 「火と音をつくる」

【紹介記事】
古代から未来へ。原始の火がつなぐもの。
縄文生活を再現する

≪甲野善紀先生 神戸招待講座≫2022夏 ご報告

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

毎回が、一度きり。そのことに感じ入る講座でした。

「我が身に起こることは全て必然だ。」若き日の直観を、身体を通して納得するため、自分の内を掘っていらっしゃる甲野先生。

今回は「唯カイナ計ヲ遣う事ソ」の術理などを通じて、掘り進める道の一端を見せてくださいました。

ある参加者が寄せてくださった感想に、

「自分でもいろいろなことを試しながら、身体と人間についての再発見をしていきたいです」

とありました。

身体と人間を観る目を養っていく。そして出来るなら、身体と人間についての発見を次代へ繋いでいく。これらは間違いなく、人が生きる過程での「面白きこと」かと思います。

そして、その一歩一歩は、ひとまず「自分で試しながら」進めて行くしかないでしょう。

よい方角へ一歩を踏み出すためにも、もし武術に興味を持たれたら、カメカメ企画の各講座韓氏意拳講習会などへ足を運ばれてはいかがでしょうか。

たとえ選ぶのが武術でなくても、甲野先生の姿が、それぞれの進む道を助けてくださると思います。

それでは、またご一緒できる機会を心待ちにしております。

≪甲野善紀先生 神戸招待講座≫2022夏 ご案内

こんにちは。
8/19(金)夜に開催予定の、甲野先生 神戸招待講座についてご案内いたします。

先生から「突然に思いつき、急なので難しいでしょうが…」と打診を頂きました。
いえいえ、大丈夫です。大丈夫ですとも!
ちょうど、皆様もお待ちかねの頃合いかと思います。
今回も、甲野先生の勘に乗らせて頂く形で、「自力と他力」の交差する場にしてまいりましょう。

前回と同じく、参加者からの相談、質問をもとに展開される講座です。
「甲野先生に聞いてみたいこと」さえあれば、老若男女、武術経験は問いません。
身体の事、人生の事、世間の事など、何でも構いません。

甲野先生による最新の技法・術理のご紹介はもちろん、
参加者との間に立ち上がる「ここだけの話」が魅力の、神戸招待講座。
ぜひお運びください。

≪ご案内≫
1.日時
2022年8月19日(金)
18:15~20:15 神戸招待講座
20:15~20:45 書籍へのサインなど
20:50     完全撤収

2.会場
神戸市立 東灘区文化センター 和室
(JR神戸線 住吉駅 徒歩5分)

3.参加費
5,000円
当日、会場にてお支払いください

4.定員
20名

5.お申込み、お問合せ
だるま堂 中西まで
氏名、電話番号を明記の上、お申込みください

(電話)080-8716-4578
(メール)info@daruma7korobi8oki.com

前回の神戸招待講座の様子

甲野善紀先生のプロフィール、活動状況

≪甲野善紀先生 神戸招待講座≫ ご報告

参加者からの問いを元に、「身体が落ち着きを取り戻す勘所」や「身体の居着いた所に動きを見出す方法」などが即興詩のように広がる、甲野先生ならではの時間でした。

また、身体教育研究所 野口裕之先生の「○○は母の記憶」(○○の所は参加者の特権で…)という言葉や、先人の知恵の数々が引用されたように、私達の身体は一代限りで此処に在るのではなく、縦糸の勁(つよ)さの中で存在していることに、思いを馳せる時間にもなりました。

ご参加の皆さまが、自分の置かれた状況や、身に起きている痛みを元に、それらが自分に知らせてくれることを、甲野先生に映し出して頂きながら見ている姿、印象深かったです。

既にまた次回を楽しみにする声が上がっているので、お忙しい甲野先生も神戸に足を運んでくださると思います。
甲野先生、ご参加の皆さま、お力添えくださった皆さま、今回は本当にありがとうございました。

甲野善紀先生 神戸招待講座「そうだ、甲野先生に聞いてみよう」

武術研究家 甲野善紀先生を神戸にお招きし、
この度は「何でも相談室」型講座を開きます。

参加者からの質問・相談に対して、先生から返ってくるのは
快刀乱麻のお答えか、術理の紹介か、はたまた長い沈黙か…
蓋を開けてみるまで、何が起きるか分かりません。

「甲野先生に聞いてみたいこと」さえあれば、老若男女、武術経験は問いません。
身体の事、人生の事、世間の事など、何を聞いても大丈夫です。

ひょっとしたら、先生の勘で相談者を決めて頂くかも。
ですので、いつでも渦中に飛び込めるよう、心の準備だけしておいてください。

甲野先生による最新の技・研究内容のご紹介はもちろん、
参加者との間に立ち上がる「ここだけの話」が魅力の、神戸招待講座。
ぜひお運びください。

1.日時
2022年5月30日(月)
18:15~20:15 神戸招待講座
20:15~20:45 書籍へのサインなど
20:50     完全撤収

2.会場
東灘区文化センター 和室
(JR神戸線 住吉駅 徒歩5分)

3.参加費
5,000円
当日、会場にてお支払いください

4.定員
20名

5.お申込み、お問合せ
だるま堂 中西まで
氏名、電話番号を明記の上、お申込みください

(電話)080-8716-4578
(メール)info@daruma7korobi8oki.com

甲野善紀先生のプロフィール、活動状況については↓
松聲館ホームページ http://www.shouseikan.com/

「”膜”と響きの話」第3回

前回のまとめ

・体の”膜”は本来、一点からの微かな入力も全体に響かせます。

・発汗や消化、循環、呼吸など、生命の根本にあたる現象は、自覚されることなく、意識的に操作する必要もなく、体が自ずと担ってくれます(生体の自律性)。

・体は常に揺らぎながらも、凡そ「いつもの」範囲にまとまろうとします(生体の恒常性)。

・体が自律的に、恒常性を発揮する。その営みなくして、私たちは生まれることも、生きて行くことも、命を終うことも出来ません。

■波打つ海

恒常性という、生体の圧倒的な営みを前にして、私たちはどのように振る舞えばよいのでしょうか。
今回はその辺りに触れていきます。

恒常性ゆえに、体は常に揺らぎつつ、凡そ「いつもの」範囲にまとまろうとするのでした。
この揺らぎは、海が波打つ姿を思い描くと、わかりやすいです。

海の様子をつぶさに見れば、一つとして「同じ」波は無く、「いつもの」波もありません。
けれど少し視野を広げると、凡そ「いつもの」幅で、「いつもの」方向へ波打つ様子が見えてきます。

そのように波打っているおかげで、海中では様々な生き物が混ざり合い、時に「食う食われる」の循環も促される。
結果として、人に海の幸がもたらされます。
また、もしその幅と方向に習熟すれば、波に乗って目的地へ運んでもらうことも出来るでしょう。

一方で、海がバランスを取り直す時期が来れば、波は大きく揺らぎ、うねります。
どうしようもなく、必然的に起きることですが、人にとって厳しさ、辛さを伴います。

■揺らぐ体

ここで、常に揺らいでいる私たちの体を、波打つ海の姿になぞらえてみます。
体もつぶさに見れば、人生の初めから終いまで、ただの一度も「同じ」ではなく、常に揺らいでいます。
そして、その揺らぎは野放図ではなく、凡そ「いつもの」幅と方向を保っている。
結果として、例えば治癒力や免疫といった恩恵が、人にもたらされます。

しかし、一度バランスの取り直しが必要になれば、体は大きく揺らぎ、うねります。
その過程は時に厳しく、辛い症状を伴うかもしれません。

こうして観ると、体が私たちにもたらす恩恵と厳しさは、本来、別々の現象ではないようです。

体の揺らぎが、「いつもの」幅と方向で、凪いでいる時。
あるいは、体の揺らぎが「いつもの」幅と方向を取り直そうとして、うねっている時。
この凪とうねりの間に、線引きは出来そうにありません。
ただグラデーションが観えてくるだけのことです。

■人に許された振る舞い

さて、それでは。
揺らぎと恒常性という、生体の営みを前にして、私たちにどんな振る舞いが許されるのでしょうか。

次のようなことは、出来そうです。
揺らぎの幅と方向をよく観て、その背後にある法則性に習い、上手な乗り方を学んでいく。
もし、自然なリズムを自らの手で邪魔しているなら、それを止めてみる。
それでも波が大きくうねる時は、おとなしく遣り過ごす。

おそらく、どんな先端医療もせいぜい、これらの振る舞いを手伝うだけ。
それを超える技術は、未だ現れていないようです。

■揺らぎを観せてくれるのは…

年齢や身体能力を問わず、誰もが今この時、自らの体の揺らぎを体験しています。
生きているかぎり、それは間違いありません。

ただし、揺らぎをちゃんと経験し、よく観ているかと問われたら。
そして、その背後にある法則性に上手く乗れているかと聞かれたら。
何だか心許ないような気がします(はい、私もその一人です)。

そこで、ある文化の人々は、体の揺らぎを観る手立てを講じてきました。
その一つが、”膜(fascia)”に尋ねることです。

“膜”によって、体の内外が隔てられ、体内に幾つもの空間が生まれます。
その空間が広がったり、まとまったりする様子から、揺らぎの幅を観てとれます。
また、“膜”は収縮しやすい方向をもつので、その様子から、揺らぎの方向性も観てとれます。

このように”膜”に尋ねると、体の揺らぎの幅と方向性が観えてきます。
だとすれば、その背後にある法則性も、少しずつ汲み取れそうな気がしませんか。

さて、今回はここまで。
お読みくださり、ありがとうございました。

「”膜”と響きの話」第2回

前回のまとめ

・”fascia”や”膜”と呼ばれる器官は、人体において、ひと繋がりです。

・”膜”の特性は、感覚と運動の両面で表れます。すなわち、固有感覚のセンサーに富み、かつ収縮性に富んでいる。それゆえ、「感覚 ⇄ 運動」の輪において重要な役を演じます。

・”膜”がやり取りする感覚のうち、自覚できるのは氷山の一角。水面下の大部分は無自覚です。また、ほぼ”膜”のテンションだけで成り立つ、意識に依らない運動も多くみられます。

・つまり無自覚、無意識な層で、体内の”膜”は常に変化し、かつ変化に応じています。

■響く体の自律性

程よく張られた鼓のように、”膜”は本来、一点からの微かな入力も全体に響かせます。
入力に応じて、全体が響く。
調律が行き届いた楽器を思い浮かべてもらうといいでしょう。

そのような状態にある時、体は自律的に、必要な働きを担ってくれます。
自律的な働きとは、例えば、気温に合わせて汗をかく、動きに応じて脈や呼吸のリズムが変わる、食べたものを消化する、などなど。
これら生命の基礎、根本をなす現象のほとんどは、自覚されることなく、意識的に操作する必要もなく、体が自ずと担ってくれています。

こうして見るにつけ、どうやら体の自律性は、私たちが生命を全うする為に欠かせない性質のようです。

■響く体の恒常性

ただし、仮に体が自律的に働いても、その行き先が定まっていなければ、あまり意味を成しません。
例えば、技量とチームワークに長けた乗組員が揃っていても、そもそも船の目的地がなければ、漕ぎ進められませんよね。
そこで、体は常に揺らぎながらも「凡そ、この範囲にまとまっておこう」という行き先を保っています。

このような性質は、恒常性(homeostasis)と呼ばれます。

恒常性のおかげで、私たちは暑ければ汗をかき、傷つけば菌とせめぎ合いながら傷口をふさぎ、食物や異物を吸収(あるいは排泄)して糧とする。
日々そのように生きて行きます。
そして、いつかその営みを終えて、体のまとまりを解く。
これらは全て、恒常性の現れです。

体が自律的に、恒常性を発揮している状態。
それは、「(自我や意識でなく)体が体のことを、よく分かっている状態」とも言えます。
たとえ外から何を施しても、この働き無くして、体が成り立つことはないでしょう。

■恒常性という奇跡

ひょっとすると私たちは、たった今、自らの裡で起きている奇跡に目もくれず、遠くの誰かが起こす奇跡に期待しているのかもしれません。
そう思えてくる程、一人一人に備わる恒常性は、恵み深いものです。

例えば、母の胎内に宿ってから今に至るまで、私の細胞は一つとして、同じままではありません。
全ての細胞が毀れ、入れ替わったにもかかわらず、私は私として、まとまり続けている。
この現象も、恒常性の為せるわざです。

また、体内に病み衰えた細胞が溜まる頃には、熱を上げて余分な細胞を燃やし、食い尽くし、新たな細胞が生まれる余地をつくる。
そして細胞が入れ替わった暁には、速やかに熱が下がり、凡そいつもの範囲に収まる。
これも、恒常性の現れと言えましょう。
その営みの巧妙さには、目を見張ります。

とはいえ、どれほど巧妙な働きがあっても、それを生かさなければ宝の持ち腐れ。
先ほどの例で言えば、もし発熱を忌み嫌い、薬でさっさと下げてしまうなら、「奇跡」の出る幕はありません。
それは「体が体のことを、よく知って行く」チャンスを、自ら閉ざす振る舞いなのかもしれませんね。

さて、今回はここまで。
恒常性という営みを前にして、私たちはどのように振る舞うことができるのか。次回はその辺りに触れていきます。
お読みくださり、ありがとうございました。