ご挨拶

こんにちは。「整体だるま堂」の中西 眞と申します。

唐突かもしれませんが、皆さま、「生まれてから死ぬまで、ただの一度も不調・不具合がない」人生を望みますか。

私は理学療法士として、脳血管障害、骨折・人工関節術後、スポーツ障害、肢体不自由児、肩痛・腰痛など、多くの方々のリハビリを経験しました。
このような経験をもとに、「生まれてから死ぬまで、ただの一度も不調・不具合がない」人生なんて、あり得ないのだと身に沁みました。

さりとて、人生は捨てたものではなく、不都合に直面して初めて、その人の「より良くなろうとする力」が湧いてくることもありますし、周りの支えで、その人らしい生活を取り戻すこともあります。
そのように人生を全うする方々を見ていると、「一度も不調・不具合のない」人生より、「不調・不具合を糧とし、より良くなった」人生の方がむしろ、彩りや幸せに満ちているように感じます。

日々、皆さまのからだに触れさせて頂くと、「体が自ら整おうとしている」「より良くなろうとしている」ことを、ありありと感じます。
さらにライフワークとして、合気道や韓氏意拳など、武術を稽古するようになり、体への信頼はますます強くなりました。

もし皆さまが不調・不具合に悩み、「整う体」を信じられなくなっているなら、どうか一度、お手伝いさせてください。
検査をもとに構造的・神経学的な特徴を読み取り、「より良くなる」方向性を見出し、それを施術で実現していきます。

人が生まれ、育ち、家族や仲間を育み、老いて、穏やかな最期を迎える。
誰もがたどる道程の、どのステージにおいても、

ご自身の力で「整う体」を見つけ、より快適に日々を過ごすお手伝いをしたいと思います。
私が専門家として、お力になれることが必ずあります。

皆さまが、七転びしながらも起きあがり、幸せな人生を全うできますように。
そのような思いで、「整体だるま堂」を開きました。

2018年9月吉日 中西 眞

cropped-img_1648.jpg