カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

まるだっこの会 11月・12月のご案内

P_20181102_101745_1「まぁるいだっこ」、まるだっこ。
「転んでも只では起きない」体をはぐくむ、だるまっこ。

たとえば、
道具を使う以前の、だっことおんぶのコツ
一枚の布や、昔ながらのへこおびを使った、だっことおんぶ
お手持ちのだっこ紐の調整、アドバイス
など、ご希望や現状に合わせて進めていきます。
担当:中西衣理(保健師、ベビーウェアリングコンシェルジュ)

だっことおんぶの経験を通じて、
ご自分の体の快不快
子どもへの愛おしさ
子どもの体のたくましさ
などが、立ち上がってきますよ。

親子はもちろん、保育・看護・介護に関わる方々、
災害時の救助への応用にご興味のある方にも
お越しいただいている講座です。

お問い合わせ・ご予約は、
「整体だるま堂 住吉」ホームページ内のお問い合わせフォーム
または、info★daruma7korobi8oki.com(←★を@に変えて)まで。
どうぞよろしくお願いします。P_20180908_094910

まるだっこの会 10月と11月のご案内

整体だるま堂にて、抱っことおんぶの講座「まるだっこの会」を、月2回開きます。

P_20181006_161414_1_1

講座といっても、定員2組ですから、各々のご希望と慣れ具合を、見取り・聞き取りしながら、レッスンやカウンセリングのように進めていきます。

出産後、お母さんは「自分の体との親密さ」を取り戻すのに、時間がかかります。

どう歩いたらよいのか、わからない。
体が、ちぐはぐな感じがする。
周りの要求に応えるばかりで、自分に自信を持てなくなった。

…このようなお声も耳にします。
そんな時、抱っこやおんぶで、親子の体が「まとまる」ことをきっかけに、自分の体が再び、親密に思えてきます。

また、適切な抱っことおんぶは、子どもの姿勢、呼吸、周りへの興味などにも、好ましい影響を与えるといいます。

お母さん以外のご家族も、コツをつかむと、「しなきゃならない」から「させてもらえる」抱っことおんぶに変わります。

私たちが元々持っていた、文化や工夫を思い出すと、日々の暮らしが心地よく、愛おしくなりますよ。

[お申込み]
eri.dakko1113★gmail.com(←★を@に変えて)または、整体だるま堂ホームページ内のお問い合わせフォームから。

下記の内容をお知らせください。
①参加希望日 ②代表者のお名前 ③ご連絡先 ④参加人数と、お子さんがいる場合は月齢

当方からの返信をもって、ご予約確定とさせていただきます。

[講師紹介]
中西 衣理(なかにし えり)
看護師・保健師
二児の子育て中、NPO法人だっことおんぶの研究所 ベビーウェアリングコンシェルジュ資格を取得。
現在、神戸・岡山を中心に、定期講座を開催しています。

[関連リンク]
NPO法人 だっことおんぶの研究所
http://www.babywearinglabo.com/

だるま園10月「つられて動く」ご案内

前回の「ころびかた教室」では、指先や手の甲につられて転がる、ということを試しました。

そこから着想を得て、今回のテーマは「つられて動く」です。
「指先につられて動く、紐につられて動く(ヒモトレ)、子どもにつられて動く」など、
色々な切っ掛けから、自分の可能性に気づいてみましょう。

だるま園2018.10.jpg

テーマ:「つられて動く」
日時:2018年10月7日(日) 9時30分~11時
場所:東灘区民センター 8階和室(東灘区住吉東町5丁目1-16)
案内人:中西 眞(理学療法士)
参加費:大人(18歳以上) 1,500円、子ども 無料

だるま園9月(屋外編)「秋をみつける」ご案内

大人も子どもも一緒に、身近な自然に触れてみませんか。
9月屋外編のテーマは、「秋をみつける」。雨ノ神公園(神戸市東灘区)にて開きます。
大人と子ども合わせて10人ほどで、いくつかの遊びを通じて、自然を体験しようと思っています。

とき: 2018年9月9日(日) 9時30分~11時
     ※雨天中止
ところ:雨ノ神公園
    (阪急神戸線「御影」駅、JR「住吉」駅から、それぞれ徒歩10分)
     ※現地集合、現地解散
案内人:中西 眞(理学療法士、ネイチャーゲームリーダー)
参加費:大人(18才以上) 1,500円、子ども無料
申込み:nmako3@gmail.com 参加者全員の①お名前、②年齢をお知らせください
持ち物:汗拭きタオル、水分
だるま園9月屋外編

だるま園9月(屋内編)「ころびかた教室」ご案内

だるま園9月、第1日曜日は屋内編として、「転倒予防教室」ならぬ「ころびかた教室」を開催します。

「ころばないこと」と同じくらい大切な、「ころびかた」。

ヒトは赤ちゃんの頃、寝返りなどで十分ころがった後、立つこと・歩くことを始めます。

大人も子どもも、「ころぶ・ころがる」をきっかけに、快適な立ち方・歩き方(重力との付き合い方)を見直してみませんか。

導入として、ヒモトレもヒントにしていきます。

日時 :2018年9月2日(日) 9:30~11:00(9:00受付開始)

場所 :東灘区民センター 8階和室(JR神戸線「住吉」駅直結 徒歩5分)

受講費:大人(18歳以上)1,500円 子ども 無料

案内人:中西 眞(理学療法士) 定員:20名

申込み:メールにて(nmako3@gmail.com)。タイトルを「9/2 申込み」とし、参加者全員分の①お名前、②年齢 をお知らせください。

だるま園8月「住吉川であそび、タルマーリーのパンを食べる」ご案内

だるま園 8月「住吉川であそび、タルマーリーのパンを食べる」‬

水、火、発酵―自然の恵みを分け合い、自然への畏れを感じてみます。‬

住吉川で遊んだ後、タルマーリーのパンを炭火で炙って、いただきます。
楽しい時間になること間違いなしですが、自然への配慮は忘れずに、行動します。

‪とき:8月12日(日)9〜11時‬
‪ところ:東灘図書館前集合(神戸市)‬
‪参加費:大人(18歳以上)1500円、子ども無料‬
‪定員:10名程度‬
‪申込先:nmako3@gmail.com‬

ところで、「タルマーリーとは何ぞや」という向きは、店主 渡邉格さんによる『田舎のパン屋が見つけた 腐る経済』を。

「なんで理学療法士が、川遊びや発酵を勧めるんや」という向きは、藤本智士さん著『魔法をかける編集』を。

ぜひお手にとってください。

だるま園7月「自分を養い、子を育むヒモトレ」ご案内

世代の「たて糸」を紡ぎ、生きることを祝福する場、だるま園。
7月は、「自分を養い、子を育むヒモトレ」をテーマに、屋内で開催いたします。

ヒモトレをきっかけに、「はねる、ころがる、よじのぼる」などのシンプルな動きと遊びを楽しみましょう。年齢を問わず、ご参加いただけます。

7月のテーマ:「自分を養い、子を育むヒモトレ」
とき :2018年7月8日(日) 9:30~11:00
ところ:東灘区民センター8階 和室
案内人:中西 眞(理学療法士)
参加費:大人(18歳以上) 1500円、子ども 無料
定員 :20名

申込み:①お名前と②参加希望人数をお知らせください。