お薦めの一冊『駒井式 やさしい韓氏意拳入門』

P_20190302_081128

一冊の本を読んだ後、知見が増えたり、価値観が変わったり、新たな感情の引き出しができたり…。
そういう経験は多々あります。
けれど、一冊の本を読んだ後、練習したくてしたくて堪らなくなる。その日のうちに日課が変わる。
という経験は、なかなかできるものではありません。

そんな一冊が、『駒井式 やさしい韓氏意拳入門』(日貿出版社,2019)です。

僕の場合、とりあえず家にあった「自分なりに重い物」を抱えて歩くこと、なわ跳びを跳んでみることから始めました。
あとはロープ一本を使って、引いたり投げたり登ったり、遊んでいます(子どもも一緒にできそう)。P_20190302_080644

これらの方法は何も、本の中で紹介されていないのですけれど(もっとよい方法が紹介されています)、
練習において「足りない運動経験を補うこと」「自分の得たい感覚経験を検証すること」の大切さを、この本から学びました。

たとえば、次のような一文です。

”師にとっては「当たり前」、私にとっては「なんだそれ?」
この「当たり前」の不共有は物事の伝達において非常に大きな障害となります。”(p.249-p.250)

これは、学習プロセスの中で、相当に汎用性のある注意点かと思います。

師と弟子の間には、往々にして、時代背景、生活様式、実践(実戦)経験において差があります。
おおよそ、時代が下れば下るほど、生活の中での運動経験は減っています。
その差をふまえずに、師の言葉だけを聞いていては、師にとって「当たり前」であるがゆえに言語化しなかった前提を、学び損ねるおそれがある。
これは練習する上で忘れてはならない事実のはずですが、僕なんかは気付かないか、気付いても気付かないふりをしがち(気付くとしんどいので…)なところです。

そのような「気付いてしまった以上は、やるしかない」という状況の中で、さらに”駒井節”が身に沁みます。

たとえば、練習の辛さに音を上げそうになった時。
「私は運動が苦手」「私はもう歳だから」というような言葉が頭に浮かんできます。

それは果たして、体の声でしょうか?それとも頭の声でしょうか?
と、駒井先生は問います。そして、

”最近の練習の中で私が勝手にへこたれそうになった時、私自身の体は、
「私はまだまだできるよ」
「あなたと私の能力はそんなもんじゃないよ」
と言っているように思えてなりません。”(p.201)

…うーん、そのとおり!

そして、

”一回の講習で教われば身に付くようなコツもよいですが、骨身に沁み込む位のコツコツした”努力”の先にあるものこそを「真のコツ」と呼ぼうではありませんか。”(p.202)

…そうしようではありませんか!

と、このように熱くなること、間違いありません。

もしかすると、いま自分が試みていることは見当外れなのかもしれませんが、やってみようと思ったことを楽しく続けられるなら、少なくとも、死ぬ時の後悔は一つ減ります。

あくまで本書の主眼は、韓氏意拳の初級教程の教学内容が丁寧に紹介されているところにあるのでしょうけれど、
僕はまだまだ教学内容に詳しくないので、「自分ごと」に引き寄せて読ませていただきました。

僕のような初学者が感想を書くことも、ためらわれるのですが、何しろ「やさしい」韓氏意拳「入門」という書名に免じて、こんな前のめりな読み方もお許しください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中