施術の概要 -「整う体」の見つけかた

[問診]
まずは、当面の目標を共有しましょう。
お困りごとがある場合、いつ頃から、どんな事に困っていらっしゃるかなど、伺います。
また、合併症や既往歴について伺うこともあります。

[検査]
症状のある部位にかぎらず、全身的に検査させて頂きます。
症状の主因や、症状を和らげるポイントが、一見離れたところに存在する(働きとしては繋がっている)ケースは、よくあります。

可動性検査(からだの動く範囲、動きの質などを診る)や、筋力検査(意図した時、意図した強さで力が出せるかを診る)を重点的に行います。
可動性検査から、骨・筋膜などの構造的特徴(関節のズレがないか、皮膚や筋膜の動きに滞りがないか)が、わかります。
筋力検査から、構造に加えて、神経学的特徴(脳・脊髄・末梢神経の連絡に不具合がないか)が、わかります。

検査しながら、問診を重ねます。
ご本人が忘れてしまった経験や、無自覚な古傷が、症状の一因になっているケースもあるからです。
検査結果をもとに問診していくと、忘れていた経験や古傷について思い出されることが、よくあります。

[施術]
検査から読み取れた特徴をもとに、主に徒手的な(手を用いた)施術を行います。
カイロプラクティック、オステオパシーの手技を含みます。
施術自体には、痛みをほとんど伴いません。

また、軽い運動やキネシオテーピングを用いて、麻痺・弱化した筋肉の活性化や、誤った運動パターンの修正を図ることもあります。

[再検査とアドバイス]
施術前後で、必ず同じ検査をさせて頂きます。
これは、施術者の思い込みをなくすため、また、今後の治癒の見込み(どれくらいのペースでどのように良くなっていくか)を共有するために、とても大切な手順です。

その後、個別のアドバイスをさせて頂きます。
たとえば、日頃から良い状態を保つために気をつけること、セルフコンディショニングの方法などです。
また、スポーツ選手ならフォーム指導を。介助が必要な場合は、ご家族向けに介助方法の指導もいたします。

[所要時間]
問診・検査・施術・再検査で、約30分。
その後、個別のアドバイスを約10~20分、させて頂きます。P_20180915_100823